スズメバチの巣駆除をした後の対処方法

自分でスズメバチの巣駆除を行う前にやり方を把握しましょう 自分でスズメバチの巣駆除を行う前にやり方を把握しましょう

調べたやり方で駆除した後の注意したいこと

正しいやり方を把握していると、自分でスズメバチの巣駆除を行うことが可能です。しかし、スズメバチの巣駆除に成功したからといって油断してはいけません。駆除した後の注意点を紹介します。

戻り蜂に注意しておこう

スズメバチの巣駆除は、なるべく巣に多くの蜂が戻っている時間帯を狙って行いますが、それでも全ての蜂を駆除できないことがあります。スズメバチの巣駆除を行ったとき巣にいなかった蜂は、巣を撤去した後もしばらく巣のあった場所を飛び回ります。スズメバチには帰巣本能があるため、巣があった場所をしっかり覚えているのです。このように生き残って戻ってくる蜂のことを戻り蜂と呼びますが、巣を壊されたことで普段よりも凶暴になっているので十分注意しましょう。襲われてしまわないよう、スズメバチの巣駆除をした後は1週間前後近づかないでください。もし、女王蜂をしっかり駆除できている場合は、その後自然とどこかへ飛んでいくでしょう。

戻ってきたスズメバチが家に入ってきた時の対処のやり方

部屋から追い出すやり方
もしも家の中に入ってきた場合は、部屋の中を暗くして窓を開けてください。スズメバチは明るい場所へ向かって飛ぶという性質を持っているので自然と外に出ていきます。部屋に入られるとパニックになるかもしれませんが、騒ぐとスズメバチを刺激してしまうのでじっと動かないでください。
自力で退治
静かに待っても出て行かない場合や、どうしても退治しないといけなくなった場合には殺虫スプレーを使用しましょう。スズメバチ用の殺虫スプレーが最適ですが、家になかった場合はゴキブリ用のものでも構いません。

駆除後も気を抜かない

駆除が終わった後も、戻り蜂に襲われる危険性があります。きちんと対処するやり方を把握して、油断しないようにしましょう。

TOPボタン